切れる包丁の刃は、できるだけ傷めずに、長く切れていて欲しいものです。
包丁の刃が傷んだり、切れにくくなる原因と、その対処法を紹介します。

ステンレス製の食器カゴに置かない

使って洗い終わった包丁をステンレス製など金属製の食器カゴに置いていませんか?
刃を下にして置くということは、金属の細い棒に刃を「コツコツ」と当てていることになります。
こうするとあっという間に刃が欠けてしまいます。小さな刃こぼれがたくさんできてしまいます。
食器カゴには置かず、横向きに寝かせて置くほうが刃は傷みません。
どうしても食器カゴに置く場合には、包丁を置くポジションにクッションになるものを置いてください。

刃をまな板にこすりつけない

食材を切るときに、包丁の刃をまな板の上で「スリスリ、ゴシゴシ」とこすっていませんか?
針の先のように研いだ刃を、まな板でこすれば刃はすぐに丸くなってしまいます。
特に、ポリエステル製など樹脂製のまな板は、包丁の刃にとっては硬いのです。
また、少し固い食材を刃るときに、「コツン、コツン」と刃がまな板にぶつかっていませんか?
これも同様に刃を傷めます。
できるだけこのような使い方をしないように心がけてください。
特に切れなくなってくると、「スリスリ、ゴシゴシ」「コツン、コツン」が増えていきます。
こうなるとあとは加速的に切れなくなっていきます。

まな板を使用する日本の包丁の使い方には、いくつかのコツのようなものがあります。
このコツは後日公開予定です。

お皿や金物の上で使わない

私自身にも覚えがありますが、すこし横着をしてしまいお皿の上で食材を切り分けてしまうことがありました。
お皿は包丁の刃にとっては石のようなものです。石に刃が当たれば……悲しい結果が想像できます。
同様にフライパンや鉄板の上で直接包丁で食材を切ることはやめましょう。
どうしてもこのようなケースが多いなら、専用の包丁を用意しましょう。

切れないのを我慢して使わない

まな板のところでも書きましたが、切れなくなり始めると傷みは加速的に増していき、どんどん切れなくなります。
それは切れないので余計にまな板や食材にこすりつけたり、押し付けたりするようになるからです。
切り始めに力が必要になってきたら、次の研ぎに出す時期を考え始めましょう。
研ぎに出す時間がないときには、一時的な手当(応急処置)として簡易研ぎ器などを使うのもよいでしょう。
ただし、簡易研ぎ器を使い続けるのは刃物屋でもおすすめしていませんので、ご了解ください。